今回は、米寿と還暦のお祝いです!
おめでとうございます
大変な時期ですが、3世代皆様で元気よく貸切でご利用いただきました。

本当にありがとうございます
Y様は10年前から何度もご利用いただいています。

結婚される前から、ご両親の銀婚式た誕生日、普通の食事会にご予約をいただいています。
今回は、プライベート予約で少人数貸切にした方が安心が理由のようです。
Y様はランチ貸切で主役の方に、プレゼントやお花を渡していました。

ほのぼのですね~~
夜は、卒業お祝い、進学お祝いと誕生日と記念日ラッシュの日でした。
忙しい日でしたけど、嬉しい1日でした。

今回も見ていただいて誠にありがとうございました。
情報がよかった・役に立ったと思ったら、
励みになりますので、是非【いいねボタン】 を押してくださいねd(ゝ∀・*)

お友達にもこのLINE@のメルマガを紹介してくださる方は
QRコードからか、友だち検索で【デラセラ】で検索してみてくださいね

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
愛知県 デラセラ 一宮の誕生日お祝いレストラン&自家製ハムとスモーク
 
所在地:愛知県一宮市多加木4-2-17
 
一宮インターから約8分
 
営業日時 11:30~14:30  18:00~22:00(木曜日定休 臨時休業あり)
電話:0586-24-8613
 
(hahaha)詳しくはHPをご覧ください。
★HP 【どんな店?】
https://dela-cera.com/
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
緑寿(ろくじゅ) 数え年66歳 満65歳 昭和26年生まれ
 
還暦が60歳(満60歳)のお祝い。その次に70歳(満69歳)の古希祝
 
いと続きますが、
 
2002年に65歳(満65歳)でお祝いをする緑寿(ろくじゅ)のお祝いがあります。
 
緑寿はまだまだなじみはございませんが、2002年に日本百貨店協会が
 
65歳のお祝いを「緑寿」と提案し始まりました。
最近の60歳の方はまだまだ若く、65歳で定年退職される方も多く、
 
人生の節目となる年になる方もおられますのでご退職のお祝いに
 
あわせてお祝いされても良いのではないでしょうか。
還暦・古希・喜寿・米寿のお祝いをお手伝いする当店にも
 
緑寿についてお問い合わせを頂くこともございます。
ご両親が還暦の歳にはまだまだ余裕のない方も多いのではないでしょうか。
 
当店では特に還暦(60歳)のお祝いをできなかった方に
 
古希(70歳)までに感謝の気持ちを伝える良い機会になるのではと考えております。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
古希 【こき】数え年70際 満69歳 昭和22年生まれ
「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。
つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。
これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。
 
 
還暦は数えの61歳(満60歳)ですが、古希は数えの70歳(満69歳)となり、
昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、
今日では決してまれなものではなくなっています。
 
古希祝いの「紫色」は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。
紫は気品や風格を備えた色で、心と体のいやし効果がある色です。
 
そのため古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色が使われています。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
喜寿(きじゅ)数え年77歳 満76歳昭 和15年生まれ
 
喜寿は「喜」の草書体が「七」が重なっているように
 
見えることから77歳(満76歳)のお祝いを意味します。
 
室町時代から始まったと言われ本来は厄年の一つであったともいわれます。
その「喜寿」を祝う習慣が始まったのは室町時代と言われています。
 
喜寿の前の還暦や古希の祝いは中国から伝わってきたものですが、
 
長寿を祝うという習慣が定着する中、「喜寿」を祝う習慣も発生したようです。
 
喜寿のお祝いも「紫色」となり、古くから高い位を表す色とした扱われ、
 
心と体のいやし効果がある色であるため、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。
 
ちなみに、日本で結婚記念日が当たり前に祝われるようになったのは、
1894年(明治27年)に明治天皇が「大婚二十五年祝典」として銀婚式のお祝いを行なってからです。
詳しくは、ブログで紹介しています↓
https://dela-cera.com/celebration-birthday-wedding-an…/3280…
 
 
電話番号 0586-24-8613
真鯛の塩釜焼を召し上がっているお客様です↓
https://dela-cera.com/cuisine/2798
 
お箸で食べる記念日コースはコチラ↓
https://dela-cera.com/menu-list/anniversary-course
 
予約はコチラ↓
https://dela-cera.com/reserve
 
問い合わせはコチラ↓
https://dela-cera.com/contact
 
5歳以下のお子様は、ランチタイムにご来店ください。
 
お子様用の木製椅子とクッションは2個用意してありますのでご利用ください