ししゃもをスモークしました!

サバ、秋刀魚も一緒にスモーク。

桜のチップで温燻法で短時間でスモークです。

スモークは、煙に含まれる殺菌・防腐成分を食材に浸透させる調理方法です。

直接木材に点火し燃やす方法と、他の熱源で木材を加熱して煙を出す方法とがあります。

燻煙法は、加工温度の高いものより熱燻温燻冷燻と呼びます。

冷燻の場合は、熱源を使うと温度が上がってしまうので

スモークウッドを使っています。ウッドは線香に似ていて

着火すると煙がついて熱源は不要なので、温度は上がりません。

デラセラでは、スモークサーモンを作るときに使います。

 

温燻法は、最も一般的な燻煙法で、30〜60°Cほどの煙でいぶします。

燻煙時間は、数分から1日程度です。一般に燻製という場合は、この温燻を指す事が多く、

長時間比較的高温でいぶす為に水分が減少し、本来の保存食という意味での燻製ができます。

代表的な製品にベーコン、スモーク・ジャーキーがある。

材料は、鶏肉、豚肉、魚介類です。

長期保存になるようです。

もちろん、旨味も増します!