岐阜中央市場で仕入れた活甘エビを大量に仕入れたから
殻、味噌、身と全てを使った海老たっぷ~りのソースレシピを
紹介しちゃいましょう!!

フランス料理でよく使う『アメリカンソース』
アメリカンソースとは、主に海老やカニの殻からだしをとって作るソースのこと。
オレンジ色がとっても鮮やかなこのソースには
他にも、にんじん・玉ねぎ・トマト・白ワイン等を入れて作ります。
魚介類ベースのソースが絶妙です!

【アメリカンソースの由来】
アメリカンの名がつきますが、フランス料理です。
元々はあるフランス人のシェフが、急なお客さんのために思いつきで
作った料理だそうです。

その料理にかかっていた、海老の殻でだしをとって作ったソースが
お客様に大変喜ばれ、名前を聞かれて慌てたシェフは…
お客さんがアメリカ人だったこと、自分がアメリカ帰りだった事から、
「アメリカンソース」と名づけたそうです。

1・甘エビをオリーブオイルでソテー♪

 

2・金目鯛、スズキ、鯛のアラと昆布でとったスープを1の鍋に入れる

3・ニンニク、玉ねぎ、ニンジン、生トマトをソテ

4・ソテーした野菜を1の鍋にいれて!!煮込むのじゃ

5・半分になるまで煮込んだらフードプロセッサーにかけて細か~く。
そのあと、中目で漉す・・・
これが面倒くさいのよ。

漉したソースに魚のスープを足して、少し煮込む。
それから、細目でまた漉すのじゃ~~~
本当に、面倒じゃ・・・2回も漉さなきゃならん!

6・やっと完成だよ~~~
疲れた・・・
でもね、美味しいの♪生クリームとあわせてパスタにしたり
魚介にかけて食べるの!!
キリリと冷えた白ワインと一緒に食べるとGoo~~