デラセラ ブログ

真鯛の塩釜焼エキスたっぷり&ふわふわ、ジューシーで2kgをこえる大きさ!

真鯛の塩釜焼き!
GWにご家族5人で召し上がっていただき#真鯛 にワインを振りかけ昆布で挟んだ後、天然ミネラル塩に卵白を混ぜたもので全体を包み、焼き上げます。

 

この時、大きな鯛は骨からでる#エキス の旨味が身に染みわたり、ふわっふわっでジューシーに仕上がります。

小さな鯛では同じように調理してもこうはならず、どうしても焼き魚のようになってしまうのです。

#天然コラーゲン
たっぷりで旨味が詰まった、大きな鯛の塩釜焼きは本当にウマいです!
ご家庭では中々味わえない、鯛の本来の味わいを是非ご堪能ください。

 

 

還暦と誕生日に真鯛の塩釜焼です!!

お祝いには盛り上がりますね。

 

木槌で幸せ開きをみんなで勢いよくパッカーン!

割っていただいて、お箸でさくさくと食べていただいています~

 

 

最近よく耳にする余談ですが、長寿のお話です。
 
還暦(かんれき)  数え年61歳  満60歳 昭和31年生まれ
 
還暦とは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから
元の暦に戻るという意味でこのように呼ばれております。
干支というと【ね・うし・とら・うー…】を思い浮かべる方も多いと思いますが、
正確には十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせて形成されています。
 
よく干支が一回りというと12年ではないの?と思われる方もおられるかもしれませんが、
十干の10と十二支の12の最小公倍数である60年が干支の一回りにあたります。
 
 
還暦祝いで赤いちゃんちゃんこを着るのは、赤色が”魔除け”の意味があるのと、
十干十二支が一巡して”赤ちゃんに還る”という意味もあります。
還暦祝いで赤いちゃんちゃんこを着るのは、赤色が”魔除け”の意味があるのと、
十干十二支が一巡して”赤ちゃんに還る”という意味もあります。 
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

緑寿(ろくじゅ) 数え年66歳 満65歳 昭和26年生まれ

還暦が60歳(満60歳)のお祝い。その次に70歳(満69歳)の古希祝

いと続きますが、

2002年に65歳(満65歳)でお祝いをする緑寿(ろくじゅ)のお祝いがあります。

 

緑寿はまだまだなじみはございませんが、2002年に日本百貨店協会が

65歳のお祝いを「緑寿」と提案し始まりました。
最近の60歳の方はまだまだ若く、65歳で定年退職される方も多く、

人生の節目となる年になる方もおられますのでご退職のお祝いに

あわせてお祝いされても良いのではないでしょうか。
還暦・古希・喜寿・米寿のお祝いをお手伝いする当店にも

緑寿についてお問い合わせを頂くこともございます。
ご両親が還暦の歳にはまだまだ余裕のない方も多いのではないでしょうか。

当店では特に還暦(60歳)のお祝いをできなかった方に

古希(70歳)までに感謝の気持ちを伝える良い機会になるのではと考えております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

古希 【こき】数え年70際   満69歳    昭和22年生まれ
「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。
つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。
これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。 
 
 
還暦は数えの61歳(満60歳)ですが、古希は数えの70歳(満69歳)となり、
昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、
今日では決してまれなものではなくなっています。 
 
古希祝いの「紫色」は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。
紫は気品や風格を備えた色で、心と体のいやし効果がある色です。
 
そのため古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色が使われています。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

喜寿(きじゅ)数え年77歳 満76歳昭 和15年生まれ

喜寿は「喜」の草書体が「七」が重なっているように

見えることから77歳(満76歳)のお祝いを意味します。

室町時代から始まったと言われ本来は厄年の一つであったともいわれます。
その「喜寿」を祝う習慣が始まったのは室町時代と言われています。

喜寿の前の還暦や古希の祝いは中国から伝わってきたものですが、

長寿を祝うという習慣が定着する中、「喜寿」を祝う習慣も発生したようです。

喜寿のお祝いも「紫色」となり、古くから高い位を表す色とした扱われ、

心と体のいやし効果がある色であるため、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。

ちなみに、日本で結婚記念日が当たり前に祝われるようになったのは、
1894年(明治27年)に明治天皇が「大婚二十五年祝典」として銀婚式のお祝いを行なってからです。
詳しくは、ブログで紹介しています↓

 

電話番号 0586-24-8613
真鯛の塩釜焼を召し上がっているお客様です↓
https://dela-cera.com/cuisine/2798

お箸で食べる記念日コースはコチラ↓
https://dela-cera.com/menu-list/anniversary-course

予約はコチラ↓
https://dela-cera.com/reserve

問い合わせはコチラ↓
https://dela-cera.com/contact

4歳以下のお子様は、ランチタイムにご来店ください。

お子様用の木製椅子とクッションは2個用意してありますのでご利用ください。

日本で結婚記念日が当たり前に祝われるようになったのは、
1894年(明治27年)に明治天皇が「大婚二十五年祝典」として
銀婚式のお祝いを行なってからです。

そして、昭憲皇太后は、明治天皇の皇后です。

お印は若葉。旧名・一条美子様。 欧州の王侯貴族・貴婦人と対峙できるよう近代女子教育を受けて、
社会事業の発展、国産の奨励等に尽力されました。

皇后として史上初めて洋装をしたそうです。
おしゃれですね!きっと当時は着物、草履の文化時代に文明開化の先駆けだったんでしょうね

銀婚式は、他の結婚記念日よりも日本人にとって馴染みの深いものとなっています

ちなみに、結婚記念日を祝う風習は、イギリス発祥だといわれています。

イギリスで結婚記念日を祝う風習が始まった当初は、結婚5年目、15年目、25年目、50年目、60年目の
5回のみお祝いしていたそうです。

それがアメリカに伝わり、その際に、15年目までは毎年、15年目以降は5年単位で祝うような現在の形に年数が増えたそうです。

結婚記念日を1年目から順を追って見ていくと、

1年目の紙婚式、2年目のわら婚式(綿婚式)、革婚式(3年目)、花婚式(4年目)、木婚式(5年目)、鉄婚式(6年目)…と、
年数を経るごとに、それぞれの結婚式の象徴がやわらかく頼りない物から固くしっかりした物へ、
価値も高い物へと移り変わっていきますね。

名称は国や地域によっては物が少し異なる場合もありますが、この変化に関しては世界的に共通しているようです。

それぞれの結婚記念日には、夫婦2人の関係性を象徴する意味があります。

例えば5年目の木婚式。

夫婦になって5年も経つと、互いの絆も深まってきます。それを、固く結ばれた1本の木に例えています。

また、結婚して15年が経てば、2人の信頼関係はさらに強固になり、透き通った水晶のような曇りなきものになるといわれ、
15年目を「水晶婚式」と呼んでい

そして、結婚25年目の銀婚式は、2人で歩んできた人生の一区切りとして、
「磨けば光るいぶし銀のような奥深い美しさ」の銀に例えられます。

それぞれ一緒にいる年月の分、愛や絆が深まっていくことを「物」で表しているのが、結婚記念日の名称ですね。
明治天皇の写真をブログに掲載しました。

乳幼児(2歳以下)の場合は、離乳食とベビーカーをお持ちください。
バリアフリーではないので、ベビーカーお持ちになる場合はお子様を抱いて
ベビーカーを畳んでご入店ください。

椅子に乗せるベービー用の椅子をお持ちいただいても大丈夫です。
テーブルにかける椅子の場合は、設置できない場合がありますのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚記念日の由来は明治天皇!柔らかい物から固い物へ

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

関連記事